緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と抗うつ剤の関係

 

抗うつ剤の注意書きには、緑内障に禁忌というように書かれているものもあります。

 

こう書かれている以上何らかのリスクがあるということは想像できます。

 

ただ抗うつ剤を使用したら必ず緑内障になるというものではありません。

 

過去に抗うつ剤を使用して、急性緑内障になったというケースは実際にあったようです。

 

過去にこういうことがあったことから、可能性がゼロではない以上、注意を促す意味で緑内障に禁忌と記載するようになったようです。

 

ただし個人差もありますし、緑内障は遺伝するとも言われているので、少しでもリスクを持っている人は注意するに越したことはないでしょう。

 

緑内障と抗うつ剤との関係に関わらず、どの場合にも言えることです。

 

もちろん抗うつ剤を使用するにあたり、緑内障になる可能性が極めて高いと思われる場合は、医師からそういう説明などもあると思いますので、よく相談し納得できたら使用するなど選択肢もあります。

 

抗うつ剤を使用する場合は、医師とよく相談するようにしましょう。

 

抗うつ剤以外にも緑内障のリスクを高めると言われる薬はあるので、この場合も同じです。

 

緑内障は視野が失われ、やがて失明してしまう怖い病気です。

 

一度失われた視野は現段階では二度と元には戻せませんが、緑内障とわかった時点で点眼薬などで進行を抑えることは可能です。

 

治療が早ければ失う視野も少なく済みます。

 

このためにも早期発見と早期治療が重要であることを理解することが大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と抗うつ剤の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。