緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と視神経乳頭陥没の関係

 

緑内障というのは視神経が何らかの原因で悪影響を受け、それにより視野が狭くなるという病気です。

 

進行速度も急性緑内障などもあるので、かなり個人差がありますが、進行性の病気なので治療をしないままでいればやがて失明してしまいます。

 

そんな緑内障は視神経乳頭陥没とも関係していると言われています。

 

視神経乳頭というのは、簡単に言えば眼球と視神経のつなぎ目です。

 

もともと少し凹んでいるのですが、この凹みが大きくなると緑内障のリスクが高まることが確認されています。

 

凹みが正常範囲内ならば問題ありませんが、凹みが大きくなることで視神経にも負担をかけることになるので注意しておきたいですね。

 

視神経乳頭陥没は眼科に行き検査をすることですぐに診断できます。

 

ただし緑内障の人全てが眼圧が高いというわけではないので、原因を決めつけてしまうのも危険です。

 

視神経乳頭陥没の場合も、原因はいくつかあります。

 

緑内障の検査は眼科に行けばどこでもやっていますし、時間も短時間で済むので気軽に検査できます。

 

もしも緑内障だと分かっても、すぐに治療を開始すればそれ以上症状の進行を防ぐことができます。

 

視神経乳頭陥没の場合は範囲が広がるほどリスクも高くなるので、早め早めの対処が欠かせません。

 

緑内障だと分かっても視野が失われるのはスピードもゆっくりなので、発見と治療が早いほどダメージも軽く済みます。

 

今は緑内障の薬も種類が増えていますので、副作用のないものを選ぶこともできます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と視神経乳頭陥没の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。