緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と放射能の関係

 

論文では放射線を受ける量が多いほど緑内障になるリスクは高くなるとの発表があることから、大きな関係があると言われています。

 

緑内障というのはどちらか片方の目の視神経に異常が起き、少しずつ視野が狭くなっていく目の病気です。

 

初期の段階では視野が欠けても、ほとんど気づくことがないと言われています。

 

例えばまっすぐ正面を見ているとして、そこを中心に視野が広がります。

 

緑内障の初期症状では、中心から少し外れたところの視野がほんの少しだけ欠けるので、両目で見ている場合はほとんど気づくことができないのです。

 

緑内障は進行性の病気なのでそのまま治療をせずに過ごしていれば、視野もどんどん狭くなるのでやがて失明してしまいます。

 

普段普通に生活していればあまり放射能を浴びるというようなことはありませんが、東北地方太平洋沖地震の時に福島の第一原発の事故があってからはそれも他人事ではなくなってきています。

 

今も各地で定期的に放射能の量を測定していますが、かなり離れた場所でも基準値を超える放射能が測定されることもあるので注意が必要です。

 

例えばレントゲンのような極少量の放射線の場合は、浴びたとしてもすぐに緑内障になるというレベルではありません。

 

しかし、浴びた放射線の量が多い場合は、緑内障を発症するリスクが高まります。

 

放射能の基準値が高い地域に住まわれている方は、十分に注意する必要があります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と放射能の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。