緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と睡眠時無呼吸症候群の関係

 

緑内障の原因は一般的に眼圧が高くなることで、視神経に影響を与え視野が狭くなっていくというものです。

 

しかし日本人の緑内障患者の多くは、眼圧が正常であることも確認されています。

 

眼圧が正常なのに緑内障になる場合は、他に原因があります。

 

例えば冷え性や低血圧など、血の巡りが悪い人は手足など末端と同じように、視神経にも血が行き届かないので影響を与え視野を狭くしてしまうのです。

 

低血圧だけでなく高血圧の場合も、血の巡りがスムーズに行かない場合は同じように緑内障のリスクを高めるとも言われています。

 

そこで気になるのが睡眠時無呼吸症候群です。

 

緑内障と睡眠時無呼吸症候群の関係も、全くの無関係ではないとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群というのは、寝ている間に数秒〜数十秒の間呼吸が止まってしまうものです。

 

口蓋垂が大きい人や、肥満で気道が狭くなっているなど原因もいくつかあります。

 

呼吸が一瞬でも止まれば脳に行くはずの酸素もストップしてしまいますし、当然のように眼圧も上がってしまいます。

 

肥満も眼圧を高める原因の一つなので、緑内障のリスクがある人ということになります。

 

肥満や睡眠時無呼吸症候群だという人は、それだけ危険因子を持っているということになります。

 

しかし緑内障はほとんど自覚しょうがないため、不安な場合は検査をするのが一番です。

 

眼科に行けば検査は可能なので、習慣にしておくといいでしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と睡眠時無呼吸症候群の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。