緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と動脈硬化の関係

 

緑内障と一言で言っても、実はいくつかの種類があります。

 

一般的に言われているのは、何らかの原因で眼圧が高くなり視神経を傷つけ緑内障になるというものです。

 

しかし日本人の緑内障患者の多くは、正常眼圧だと言われています。

 

これも緑内障に種類があるからなのですが、眼圧が原因ではない場合は血流などが原因となることもあります。

 

緑内障と動脈硬化も全く無関係とは言えません。

 

動脈硬化というのは、動脈が分厚く硬くなってしまう病気です。

 

動脈硬化は血流を悪くする原因になるため、視神経まで血液が行き届かなくなり、結果的に視神経にダメージを与えることになります。

 

これが動脈硬化が緑内障の原因だとされる理由です。

 

緑内障のリスクが高まるのは40歳以降だと言われていますが、この年齢は生活習慣病にも注意が必要です。

 

動脈硬化も原因のほとんどが生活習慣にあると言われていることから、中年になったら一度生活習慣を見直すことも大切です。

 

自分自身の健康のためにもなりますし、緑内障予防にもつながるので一石二鳥ですね。

 

緑内障は視神経が傷つき視野が欠け、やがて失明に至ることもある怖い病気です。

 

動脈硬化は命に関わる病気ですから、やはり予防は大切です。

 

健康診断をするのと同じように、40歳を過ぎたら年に1回でも緑内障の検査を習慣にするのがおすすめです。

 

眼科に行けばすぐに検査をしてもらえます。

 

年々緑内障のリスクは高まりますので、早めに確認しておきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と動脈硬化の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。