緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



正常型眼圧緑内障とは?

 

緑内障というのは何らかの原因で視神経を傷つけ、それにより視野が狭くなったり、視野の一部が欠けてしまう目の病気です。

 

視野が欠けるというとすぐにわかるように思えますが、緑内障は片目に症状が出ることが多いので、両目で物を見たときそれに気づかないことが多いのです。

 

一般的には眼圧が高くなることで、視神経を傷つけ緑内障になると言われていますが、正常型眼圧緑内障の場合は眼圧が正常な緑内障です。

 

緑内障は世界中で確認されている病気ですが、正常型眼圧緑内障は特に日本人に多い緑内障と言われています。

 

緑内障の検査は眼圧を測ることである程度わかりますが、正常型眼圧緑内障の場合は眼圧は正常なので他の検査を行います。

 

緑内障にも種類があるので、一つの検査では全て見極めることはできません。

 

眼圧を測る検査方法以外には、視野に欠けている部分がないか視野検査をすることもできます。

 

もしくは顕微鏡などで眼底を調べ、視神経に異常があるかどうかを調べることもできます。

 

視野の検査は片目ずつ行いますが、これはインターネットなどでもセルフチェック可能な動画なども公開されています。

 

しかし自己診断は難しいですし、正確な判断はできません。

 

この場合は眼科に行けばしっかりと検査してもらえるので、眼科に行くことをおすすめします。

 

発見が早いほど治療も早く開始できます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

正常型眼圧緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。