緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



若年性緑内障とは?

 

緑内障は一般的には40代で50人に1人と高齢になるほどリスクが高まっていきます。

 

また、70代になると10人に1人が緑内障であることも確認されています。

 

ただし緑内障はほとんど自覚症状がないため、気づくのも遅れますし、未だ自分が緑内障であることに気づいていない人も多いと言われているので、その数はさらに増えることが予想されます。

 

緑内障の種類については、遺伝などの先天性のものもあれば、生活習慣や食事、血行不良やストレスなどが原因となる後天性の緑内障もあります。

 

一般的には40歳を過ぎたら注意するよう呼びかけていますが、中には若年性緑内障もあります。

 

30代でも緑内障になる人はいますが、若年性緑内障の場合は10歳までに緑内障を発症します。

 

子供の緑内障は数自体は非常に少ないと言われていますが、実際に若年性緑内障になる子供もいるので、子供だから緑内障にならないとは言い切れないのです。

 

子供は成長期なので、目だけでなく視神経もまだ成長段階です。

 

手術で眼圧を下げるという選択肢もありますが、若年性緑内障の場合は手術をしてもあまり改善が見られないため最悪失明してしまうこともあると言われています。

 

大人でも自覚症状がないので気づきにくいのですが、子供の場合は尚更です。

 

若年性緑内障の場合は目の痛みや、頭痛、頭痛からくる吐き気などの症状がありますが、これを緑内障と思う人が少ないので、適切な治療ができないのです。

 

遺伝も原因になるので親族に緑内障の人がいる場合は、若年性緑内障の注意が必要です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

若年性緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。