緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



先天性緑内障とは?

 

緑内障と言っても実はいくつか種類があります。

 

その一つが先天性緑内障です。

 

先天的、つまり生まれつき緑内障のリスクを持っているという事になります。

 

生まれつき眼圧が高いとか、房水の流れに問題があるとういうように症状もある程度ハッキリしています。

 

先天性緑内障の場合は赤ちゃんの時に緑内障を発症してしまうので、一般的な加齢が原因の緑内障とは異なる少し特殊な緑内障と言えます。

 

しかし赤ちゃんの場合は視野の異常という状態を理解できませんし、言葉も話せないので目の状態で判断します。

 

異常に眩しがったり、左右の黒目の大きさが違うなどいくつかサインもあります。

 

緑内障は進行形の病気なので、赤ちゃんだからといって何もせず放置しておけばやがて失明してしまいます。

 

この場合は手術という選択肢がありますが、赤ちゃんの手術というのはリスクも高いので、担当医とよく相談し適切な治療方法を決めていきます。

 

もう一つ先天性緑内障には、20代前後という若い時期に発症するタイプもあります。

 

同じ先天性緑内障でも、発症する年齢も対処法も違ってきます。

 

いずれにしろ緑内障は進行形の病気なので、何らかの処置は必要になります。

 

治療は進行を食い止め、再発を予防することしかできませんが、早いうちに治療を開始すれそれだけダメージも少なく済むので、早期発見と早期治療が重要になります。

 

先天性緑内障の場合は遺伝することもあるので、親族に緑内障の人がいる場合はリスクも高くなります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

先天性緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。