緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



原発緑内障とは?

 

緑内障にはいくつかの種類があります。

 

その中の一つが、原発緑内障と呼ばれるものです。

 

原発緑内障はごく一般的な緑内障で、40歳以降に緑内障のリスクが高まるため注意すべきことは同じです。

 

緑内障の原因がはっきりとしていないものを原発緑内障と呼んでいます。

 

緑内障は進行形の病気で適切な処置をせず放置すると、やがて失明に至る怖い病気です。

 

症状としては少しずつ視野が欠けていくのですが、片目に症状が出ていても両目で見ているとそれに気づくのが遅れてしまいます。

 

原発緑内障の場合は、開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障に分けられます。

 

閉塞隅角緑内障の場合は、特にゆっくりと症状が進行していくので、ほとんど気づかないと言われています。

 

本人の自覚症状もなく、見た目にも変化がなく家族や第三者も気づかないので、原発緑内障(閉塞隅角緑内障)とわかった時には既に視力を失っていることも珍しくありません。

 

気づきにくいため特に問題なく生活できてしまうのも厄介なところです。

 

閉塞隅角緑内障の場合は原因がわからないという以外は、40歳以降にリスクが高まる緑内障なので、ある程度の年齢になったら定期的に目の検査をするのが一番の予防策です。

 

検査方法にもいくつかありますので、1種類では判断できない場合はいくつかの検査を併用するといいでしょう。

 

どの検査もそれほど時間はかからず、簡単なものが多いので負担になることもありません。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

原発緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。