緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



続発性緑内障とは?

 

緑内障の種類の中に続発性緑内障というのがあります。

 

病名から想像するのとは少し違っていて、原因がハッキリしているものを続発性緑内障と呼んでいます。

 

原因にもいくつかありますが、ガンの腫瘍、薬の副作用、事故などで目に強い衝撃を受けた時に続発性緑内障となります。

 

続発性緑内障の場合は急性と慢性があるので、ケースによっては早急に治療が必要になることもありますし、手術という選択肢もあります。

 

緑内障は進行形の病気なので、少しずつ視野が狭くなりやがて失明に至ります。

 

気づくのが早ければ症状を食い止める治療は可能ですが、完治は難しいので失った視野は二度と元には戻せません。

 

これは慢性で進行も比較的ゆっくりの場合です。

 

急性の場合は最悪数日で失明してしまうこともあるので、治療法も異なります。

 

発見が早く24時間以内であれば、点眼薬などで眼圧を下げることができますが、症状が落ち着いたら早めにレーザー手術などを行います。

 

少しでも発見が遅れると失明のリスクも高まります。

 

こうならないためには、定期的に緑内障の検査を受けることが大切です。

 

眼圧が高いから即緑内障になるということではありませんが、その分リスクも高くなります。

 

正常眼圧でも緑内障を発症することがありますので、検査方法もいくつか種類の異なるものを併用します。

 

発見が早いほど失明のリスクも下がるので、緑内障の種類に関係なく早期発見&早期治療の大切さを理解する必要があります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

続発性緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。