緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



開放隅角緑内障とは?

 

開放隅角緑内障は、日本人の緑内障患者の大半を占めるとも言われています。

 

緑内障にもいくつか種類がありますが、開放隅角緑内障は数は多いのに原因がかはっきりとわからない原発緑内障に分類されます。

 

実は開放隅角緑内障の中にも、眼圧が高くなり房水の流れに異常が起きる場合もあれば、眼圧は正常なのに視神経が影響を受けるタイプに別れています。

 

開放隅角緑内障の場合は、比較的ゆっくりと進行していきます。

 

開放隅角緑内障であると検査で確認できれば点眼薬で進行を抑えることができます。

 

しかし点眼薬でもあまり改善が見られない場合は、内服薬を併用することもあります。

 

もう一つレーザー治療という選択肢もあります。

 

どの治療法を選ぶかは、進行具合によっても変わってきます。

 

かなり症状が進行してしまった場合は、最初からレーザー手術をすることもあります。

 

唯一の救いは開放隅角緑内障は慢性型の緑内障なので、症状の進行が遅いことです。

 

もちろん進行が遅くても発見が遅れれば、失明のリスクも高くなります。

 

早い段階で発見できればそれだけ症状の進行を食い止めることができるので、失明のリスクも低くなります。

 

緑内障で大切なのはいかに失明のリスクを低くするかですから、やはり早期発見・早期治療が重要です。

 

そのためには40歳以降は、緑内障の定期検診を習慣にしておくのが一番です。

 

健康診断と同じように、緑内障の検査も年に1回受けておくと安心ですね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

開放隅角緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。