緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



慢性閉塞隅角緑内障とは?

 

緑内障にはいくつかの種類がありますが、慢性閉塞隅角緑内障はその中の一つです。

 

慢性閉塞隅角緑内障の場合は、角膜と虹彩の連結部分にある前房隅角が狭くなることで房水がスムーズに流れなくなり、眼圧を高くし視神経に影響を与えることが原因だとされています。

 

緑内障というのは種類に関係なく進行する病気ですので、早い段階で適切な処置をしないと失われる視野も多くなり、やがて失明してしまいます。

 

現段階の医学では治療と言っても完治ではなく、進行を食い止めることしかできません。

 

しかし進行を食い止めることができれば、失明のリスクは回避できます。

 

ただし一度失われた視野は二度と下には戻りませんので、ダメージが少ないうちに治療を開始することも大切です。

 

慢性閉塞隅角緑内障の場合は症状も比較的ゆっくりと進行していくので、発見が早いほどダメージは少なくなります。

 

治療としては主に点眼薬で眼圧を下げていきます。

 

点眼薬だけでは効果が薄い場合は、房水の量をセーブする内服薬などを併用するというのが一般的です。

 

ただし点眼薬や内服薬にも副作用が出るものもあるので、長期間の使用には不向きなため、最終的には手術をすることもあります。

 

手術にはレーザーを使用するものと、他の方法で行うものがあります。

 

慢性閉塞隅角緑内障に関してはレーザー手術の効果はあまり期待できないとされています。

 

個人差もありますが、担当医とよく相談して決めていくといいでしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

慢性閉塞隅角緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。