緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



眼圧測定

 

緑内障は40歳前後からそのリスクが高まり、年齢を重ねるごとにさらにリスクが高まると言われています。

 

症状としては視野が欠けていくので、すぐに気づきそうな気もしますが、片目だけに症状が出ることが多いので、両目で物を見ているとそれに気づかないので発見が遅れるという特徴があります。

 

緑内障は進行していく病気なので、発見が遅いほど症状が進行し視野の欠損も多くなってしまいます。

 

治療はできますが、症状の進行を食い止めるしか方法がないため、失った視野は戻に戻すことができません。

 

そのため早期発見と早期治療がとても重要になるのです。

 

それには定期的に目の検査を受けることが大切です。

 

緑内障は眼圧が高くなることが原因で、視神経に影響を与え視野を狭くするというのが一般的な考え方なので、眼圧測定を最初に行います。

 

ただし眼圧が正常でも緑内障になるケースがあるので、眼圧に異常がない場合は他の検査も併用します。

 

一般的には一番最初に行う検査なので、覚えておくと安心ですね。

 

眼圧測定では眼圧計を使って眼圧を測定しますが、3つの方法があります。

 

・ゴールドマン眼圧計(角膜に色素を付け眼圧計を密着させる方法)

 

・シェッツ眼圧計(眼圧計を角膜に当てて測定する方法)

 

・空気圧眼圧計(圧搾空気で角膜の凹みを測定する方法)

 

検査の時は点眼麻酔を使用するので痛みもありませんし、数分で終了する簡単な検査なので習慣にしやすいと思います。

 

年に1回は検査を受けるのが理想的です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

眼圧測定

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。