緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



隅角検査

 

隅角検査は緑内障の検査方法の一つですが、この検査で急性緑内障のリスクが高いかどうかも知ることができます。

 

急性緑内障は数日で失明してしまう可能性もある緑内障の中でも最も厄介な種類です。

 

緊急手術なども必要になるため、検査でそのリスクを知っておくのはとても役に立ちます。

 

急性緑内障の場合は、隅角という部分が狭くなってしまい、房水の流れがスムーズではなくなることで眼圧を上げ視神経にダメージを与えるものです。

 

隅角は肉眼で確認できない場所にあるので、専用のコンタクトレンズと顕微鏡を使い検査をします。

 

検査の時には点眼麻酔を使用しますので痛みはありません。

 

隅角検査でレーザー治療が可能かどうかなどもわかるので、もしも緑内障になってもスムーズに対処できるメリットがあります。

 

緑内障以外にもブドウ膜炎などの検査にも用いられる方法なので、目の病気に関して役立つ検査です。

 

眼圧検査だけでは判断できないケースもあるので、この場合は隅角検査などを併用することで緑内障であった場合も発見しやすくなります。

 

特に問題なければそれで安心ですし、急性緑内障のリスクがあるかどうかも知ることができます。

 

もしも急性緑内障のリスクがある場合は、異常を感じたらすぐに病院に行こうと意識できるので、早期発見と早期治療につながります。

 

緑内障にも種類があるので、1つの検査だけでは発見できないこともあります。

 

どんな場合にどんな検査をするのか知っておくのは、自分のためにも役立ちます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

隅角検査

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。