緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



眼底検査

 

緑内障が怖い病気と言われるのは、徐々にかけていく視野になかなか気づかないことと、何もせず放置すると症状はどんどん進行しやがて失明してしまうからです。

 

自覚症状がないため気づくのが遅れ、失明してしまう人も決して少なくありません。

 

しかし検査をすればすぐにわかる病気なので、リスクの高まる年齢になったら定期的な検査を習慣にしておくと安心ですね。

 

緑内障の検査方法にはいくつかの種類がありますが、眼底検査はその中の一つです。

 

緑内障は眼圧が高くなることが原因で視神経にダメージを与え、発症するというのが一般的とされています。

 

この場合は眼圧検査をすればすぐにわかりますが、眼圧は正常なのに緑内障を発症するケースもあります。

 

正常眼圧緑内障は日本人に多いと言われているので、眼圧検査だけでは不十分なこともあります。

 

この場合は眼底検査をすることで、より詳しく検査をすることができます。

 

瞳孔の奥にある眼底という部分を調べるので、専用のカメラや眼底鏡などを使って検査をします。

 

緑内障以外には網膜剥離なども眼底検査をします。

 

目の検査は見たくなくても見えてしまうので、怖いと感じる人も多いでしょう。

 

器具を使う場合は痛みなども心配ですが、この場合は事前に点眼麻酔を使うので痛みは感じません。

 

検査時間も短いのでそれほど負担にはなりません。

 

できるだけ定期検診を心がけ、早期発見につなげていきたいですね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

眼底検査

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。