緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



視野検査

 

緑内障は眼圧が高くなることで視神経にダメージを与え発症する病気ですが、眼圧が正常でも他のことが原因となって発症することもあります。

 

通常の場合は眼圧の検査をすればわかりますが、正常眼圧の場合は検査方法を変える必要があります。

 

視野検査も緑内障の検査の一種です。

 

緑内障は患者本人も症状があってもそれに気づかないままでいることが多いと言われています。

 

これはどちらか片方の目に症状が出ても、物を見る時には両目を使うので見えない方を見える方の目がカバーしているからです。

 

このため視野の欠損という症状に気づけず、発見が遅れてしまうのです。

 

視野検査は必ず片目ずつ行うので、普段気づかない視野の欠損も気づきやすくなっています。

 

眼科で専門の機械を使った検査ができますが、インターネット上では簡単にできるセルフチェック視野検査の動画などもあるので、これを試してみるのもいいでしょう。

 

特に異常がなくても定期的にチェックしておけば、いつもと違うと感じた場合にすぐに病院に行き適切な治療を受けることができます。

 

もちろん定期的に眼科で検査を受けるのも効果的ですし、検査が緑内障の予防や早期発見&早期治療につながります。

 

緑内障は症状がゆっくりと進行していくのでなかなか気づけないのですが、検査をすればすぐにわかるので一番の予防法になります。

 

年齢、体質、食生活や生活習慣、ストレスなど様々なことが原因となるので、40歳以降の人は注意しておきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

視野検査

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。