緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



OCT検査

 

緑内障の検査方法は一つではありません。

 

眼圧が高くなるというのが一番の原因とされていますが、日本人の多くが正常眼圧の緑内障であることから、検査方法も何種類かを併用することで発見しやすくなります。

 

OCT検査も緑内障の検査方法の一つです。

 

「Optical・Coherence・Tomography」の頭文字を取り、こう呼ばれています。

 

日本語では光干渉断層計という意味になります。

 

光を利用する検査方法なので器具を目に直接当てることなく検査ができるのでより安全に検査ができます。

 

器具を目に入れる場合は予め点眼麻酔を使用しますが、それでも感触や見える検査は少し恐怖心を持ってしまいます。

 

OCT検査では眼底検査では不可能な網膜の断面もチェックできるので、様々な目の病気の検査にも使用されています。

 

ただし、OCT検査は比較的新しい検査方法なので、古い病院などではこの検査ができないこともあります。

 

最新設備の整った病院なら心配はないでしょう。

 

例えるならCTやMRIを目の検査専門にしたような感じですね。

 

肉眼では確認できない部分の検査ができますし、より踏み込んだ詳しい検査ができるので緑内障であっても定期的にOCT検査を受けることで、早期発見、早期治療につながります。

 

緑内障で失われた視野は二度と元には戻せないので、ダメージを少なくするためには定期的な検査がとても重要です。

 

OCT検査自体は数分で終了しますし、目に負担もかけないので安全な検査です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

OCT検査

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。