緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



薬物療法

 

緑内障の治療方法にはいくつかの選択肢があります。

 

薬物療法はその中の一つですが、使用するのは点眼薬や内服薬になります。

 

緑内障とわかった時、一番最初に行うのが薬物療法です。

 

緑内障にも種類があり、症状も原因も個人差があるため、症状や状態を見ながら使う薬を選んでいきます。

 

点眼薬だけでも数種類ありますが、1種類の点眼薬ではあまり効果がない場合は、点眼薬の種類を増やすこともあります。

 

点眼薬だけではあまり改善しないと判断した場合は、内服薬をプラスすることになります。

 

点眼薬の場合は医師の指示通り使用していれば副作用などもほとんどありませんが、内服薬の場合は副作用の出るものもあるので、医師とよく相談して決めていきます。

 

点眼薬は比較的安全だとされていますが、正しい使い方をしなければ効果も半減してしまいます。

 

1日に付ける回数や、1回に何滴なのかは点眼薬の種類によっても変わります。

 

指示通りに使って初めて効果も期待できるので、正しい使い方を心がけましょう。

 

緑内障での治療というのは残念ながら完治を目的にできません。

 

失われた視野は元には戻せないので、それ以上進行しないよう食い止めることが大切です。

 

治療が早いほどダメージも少なく済みますし、最悪失明という状態も回避できます。

 

ただし点眼薬や内服薬も医師の指示通り使用しなければ意味がなくなってしまいますので、正しい使い方を理解することが大切です。

 

緑内障における薬物療法は一番初めの重要な治療になります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

薬物療法

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。