緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



レーザー治療

 

緑内障の治療法として、まず薬物療法を試してみて、それでも効果が出ていない場合にレーザー治療という選択肢があります。

 

ただし、緑内障にも種類があるので、急性緑内障のような場合は最初からレーザー治療をすることもあります。

 

レーザー治療の目的としては、眼圧が高くなっている原因を排除することです。

 

大抵の場合は何らかの原因で房水の流れが滞ることで、眼圧が高くなり視神経にダメージを与えています。

 

一般的な方法として、線維柱帯という部分に穴を開け、そこからスムーズに房水が流れるようにします。

 

しかしレーザー治療をしたら治療が完了するのではなく、引き続き点眼薬や内服薬などで眼圧が上がらないように状態を維持しなくてはいけませんので、治療は他の形でその後も続きます。

 

またレーザー治療の効果が出るまでには個人差もありますが、約1ヵ月ほどかかります。

 

レーザー治療自体は点眼麻酔を使うので、痛みもなく術後も数時間経過を見守るだけなので体へのダメージはほとんどありません。

 

ただし、レーザー治療をした人全てが改善するという保証がないので、レーザー治療をしてもあまり効果がないというケースもあります。

 

この場合は他の治療法もあるので、状態などを見ながら医師と相談して決めていくことになります。

 

緑内障は進行形の病気ですから、途中で治療を止めるというわけにはいきません。

 

しかし適切な処置をすれば進行を食い止めることは可能なので、医師の指示を守ることも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

レーザー治療

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。