緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



外科手術

 

緑内障の治療はまず初めに点眼薬や内服薬を使用する薬物治療をします。

 

それで十分に効果が見られる人もいれば、あまり改善できない人もいますので、この場合はレーザー治療などをプラスしていきます。

 

しかしレーザー治療でも全ての緑内障を治療するのは限界がありますし、改善されないケースもあるので他の治療法を選択せざるを得ない場合もあります。

 

その場合の選択肢として外科手術となります。

 

緑内障といっても実はいくつかの種類があるので、症状や原因も人によって違います。

 

原因によって手術方法も変わることになりますが、最も一般的に行われているのが「線維柱帯切除術」という方法です。

 

緑内障の原因にも個人差がありますが、眼圧が高くなる場合は一刻も早く眼圧を下げないと視神経へのダメージも大きくなり失われる視野も広がっていきます。

 

眼圧を高くしている原因が、房水の流れに何らかのトラブルが生じているため、房水の流れをよくするために手術をします。

 

レーザー治療でも房水の流れを改善できない場合は、線維柱帯切除術をするのが一般的です。

 

線維柱帯切除術というのは、本来の房水の流れとは別に新しく通り道を作ることで、房水の流れをスムーズにし、眼圧が上がらないようにするものです。

 

房水の流れがスムーズになっても多少、目には負担をかけているので術後は注意深く経過を見守ります。

 

手術に成功すれば眼圧が安定するので、点眼薬を使用しなくて済むようになります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

外科手術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。