緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



星状神経節ブロック療法

 

緑内障の治療方法にはいくつかの選択肢があります。

 

一般的には、薬物治療、レーザー治療、外科手術と進んでいきますが、それでも症状が改善されなかったり、改善が見られても一時的であり、また状態が悪化することもあります。

 

緑内障というのは眼圧が高くなることで視神経にダメージを与え、徐々に視野を狭くしていくと言われていますが、中には眼圧が正常なのに緑内障になる人もいます。

 

この場合は眼圧を下げる治療をしても意味がないですし、症状も改善されないので他の方法を選ぶことになります。

 

星状神経節ブロック療法というのは比較的新しい治療法です。

 

緑内障の原因が高眼圧以外の場合、その原因が血流と関係しているケースが多く見られます。

 

実際日本人の緑内障患者の多くは、眼圧は正常であることが確認されています。

 

このような場合は血流に原因があるので、特に眼底の血流を改善するのが必要になってきます。

 

それが星状神経節ブロック療法という方法です。

 

星状神経節という部分には、交感神経が集中しています。

 

視神経も星状神経節にある交感神経が関係していることから、その交感神経を麻酔でリラックスさせ血流を改善することで症状が改善されるというものです。

 

ただし麻酔を使用するため、麻酔のリスクや副作用などもあります。

 

緑内障の治療法にもいくつかの種類がありますが、人によって向いている治療とあまり改善が見られないものもあるので、医師とよく相談して決めることが大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

星状神経節ブロック療法

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。