緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



プラセンタ療法

 

緑内障の原因は一つとは限りません。

 

一般的には眼圧が高くなることで視神経に影響を与え、それが視野を狭くすると言われています。

 

しかし眼圧が正常な人でも緑内障になることはありますし、実際日本人の緑内障患者の多くは正常眼圧であることも確認されています。

 

眼圧が正常な場合は、血流に問題がありそれが結果的に視神経にダメージを与え、緑内障を発症すると言われています。

 

この場合は血流を改善する治療をすることで、緑内障の進行を食い止めることもできます。

 

血流を促進させる方法として、プラセンタ療法も注目されています。

 

プラセンタを取り入れることで、プラセンタの成長因子が細胞を活性化させ血流も改善できるからです。

 

プラセンタには疲労回復や、細胞を若返らせるアンチエイジング作用も期待できます。

 

また抗酸化作用などもあるので、傷ついてしまった目の細胞のダメージを修復し若返らせることもできます。

 

もちろん個人差もありますが、プラセンタは豊富な栄養を含む胎盤のことですから、この効果も納得できる部分はあります。

 

緑内障の直接的な治療というよりは、血流を改善させ細胞を活性化させる目的で使用します。

 

緑内障の治療にプラセンタを取り入れる場合は、注射やサプリメントなどその人に合った方法があるので、医師と相談して決めていきます。

 

プラセンタはドライアイや老眼にも効果があることが確認されているので、緑内障の治療に取り入れるのも何らかの効果は期待できそうですね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

プラセンタ療法

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。