緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



鍼灸治療

 

緑内障の治療法には、いくつかの種類があります。

 

東洋医学の鍼灸治療もその一つです。

 

鍼灸治療をすれば緑内障が完治するというものではなく、原因の一つを改善する目的で行われるものです。

 

緑内障の治療に鍼灸治療だけを選ぶことはなく、大抵の場合は点眼薬や内服薬の補助的な治療として取り入れます。

 

鍼灸治療はご存知の通り、患部のコリをほぐし血流をよくするものです。

 

緑内障の原因の中に血流が悪くなることで視神経にダメージを与えるというのがあります。

 

鍼灸治療では血流を良くすることができますし、視神経や目の周囲の血流を良くするツボがありピンポイントでの治療が可能になります。

 

もちろん、どこに針を使うかは個人差もありますが、全身の血流を促進させることもできるので、緑内障の原因が血流にある場合は鍼灸治療を取り入れるのも効果的とされています。

 

ただし鍼灸治療を民間療法や代替療法と捉える人もいるため、全ての人が鍼灸治療を行うわけではありません。

 

医師にも色々な考え方の人がいるので、点眼薬や内服薬、レーザー治療などを選ぶ医師もいれば、考えられる治療法や効果が期待できる治療法を幅広く取り入れる医師もいます。

 

ただし鍼灸治療は1回で完了するものではなく、継続することも大切です。

 

緑内障の治療に鍼灸治療を取り入れる場合は、担当医とよく相談して医師の指示に従うことも大切です。

 

実際に緑内障の治療に鍼灸治療を取り入れている人もたくさんおり、症状が改善された方もおられます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

鍼灸治療

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。