緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



温罨法

 

緑内障の治療にはいくつかの選択肢があり、異なる治療法を併用することで効果をアップさせることもできます。

 

一般的に眼圧が高いという場合は、点眼薬や内服薬、レーザー治療などで眼圧を高くしている原因を改善し症状が進行するのを食い止めます。

 

緑内障の完治は難しいため、それ以上症状が進行しないようにする対処療法が一般的です。

 

しかし症状の進行を食い止めることができれば、失明のリスクは回避できます。

 

日本人の緑内障患者の多くは、眼圧が正常だというのを知っていましたか?

 

この場合は血流が原因となっていることも多いので、冷え性や低血圧、高血圧など、血圧に問題がある場合も緑内障の原因となってしまうことがあります。

 

漢方を取り入れる方法もありますが、温罨法(おんあんぽう)という治療法も注目されています。

 

これも漢方治療の一種ですが、目を温めることで血流障害を改善し視神経へのダメージを軽減させるという方法です。

 

目を温めることで血流も促進されますし、コリのようなものもほぐれますので、房水の流れも改善されることが確認されています。

 

ただし漢方療法の場合は、即効性はないので継続して治療を続けることが大切です。

 

効果を実感できるまでには個人差もありますが、副作用もなく安心出来るところはメリットです。

 

点眼薬や内服薬で副作用は酷い人は、漢方治療を希望する人も多いと言われています。

 

ただし既に緑内障が進行している人で、炎症を伴うような場合は温めると逆効果になるので注意が必要です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

温罨法

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。