緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障手術のメリット

 

緑内障の治療方法の一つに手術という選択肢があります。

 

一般的には急性緑内障を除いて、緑内障と診断されて即手術ということにはなりません。

 

最初に点眼薬や内服薬といった薬物療法を試し、それでも効果が出ない場合に手術を考えます。

 

緑内障の手術にもいくつかの方法がありますので、その人の症状や原因によって手術方法は異なります。

 

しかし手術と聞くと大掛かりなような気もしますし、安全なのか一番気になりますよね?

 

緑内障手術のメリットを考えてみましょう。

 

まず手術として最初に選択するのがレーザーを使った手術方法です。

 

レーザー治療は他の方法と比べて、体への負担も少なく済みますし、術後も数時間で帰宅できるなどはメリットになります。

 

他の手術方法もありますが、この場合はレーザー手術ではあまり改善されない場合に、他の手術を選ぶことになります。

 

他の手術としては隅角線維柱帯切開術と隅角線維柱帯切除術という方法が一般的ですが、どちらも多くの人が受けている手術で、眼圧が下がることも確認されているので、眼圧が落ち着けば点眼薬などを使用しなくても済む場合もあります。

 

ただし個人差もあるので、どの方法が合っているかは医師とよく相談して決めていきましょう。

 

緑内障の発見が早く視神経へのダメージも少ない場合は、点眼薬などでも効果が見られるので進行を食い止めることができます。

 

発見が遅いほど視神経のダメージが大きいので、これ以上進行させないためにも手術をする可能性も高くなります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障手術のメリット

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。