緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の手術と入院

 

緑内障の手術と入院についてですが、手術方法によって入院の必要があるものとないものがあります。

 

まず一番最初に選択されるレーザー手術の場合は、点眼麻酔でピンポイントに照射できるため負担が少ないのがメリットです。

 

そのため手術時間も数分で済みますし、体への大きな負担もないので数時間経過を見たら日帰りが可能です。

 

もちろん目というデリケートな部分に触っているので、術後の注意点はいくつかありますが日帰りできるのは大きなメリットと言えます。

 

レーザー治療ではあまり改善が見られないことも多いので、この場合は他の手術をすることもあります。

 

隅角線維柱帯切開術と隅角線維柱帯切除術という2つの方法が一般的となっていますが、この2種類の手術の場合は入院が必要になります。

 

眼圧を下げるために行う手術なので、緑内障の治療には効果的な方法とされています。

 

眼圧が高いままだと症状も進行していきますので、失われる視野も増えそれを二度と取り戻せないので、手術のタイミング等も重要になります。

 

手術をするのは点眼薬や内服薬、レーザー治療でも改善が見られない場合なので、最後の選択肢でもあります。

 

しかし多くの場合はこの2種類の方法で、眼圧を下げることができると言われています、

 

入院日数に関しては病院やその人の体力などでも変わってきますが、大体1週間〜10日ほど入院することになります。

 

入院する場合は術後の管理もしてもらえますが、医師の指示を守ることも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の手術と入院

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。