緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の視野と見え方

 

緑内障はゆっくりと進行していく目の病気です。

 

ただし、急性の場合は進行も早くなります。

 

症状としては視野が狭くなり、症状が進行するほど見える部分も狭くなっていき、最悪の場合は失明してしまうこともあるとても怖い病気です。

 

緑内障になっていても初期にはほとんど自覚症状がないため、気づかないまま過ごしている人も多いと言われています。

 

視野が狭くなると言われてもあまりイメージできませんが、実際に緑内障になると視野欠損と呼ばれる死角が増えていきます。

 

ただし、緑内障の多くはどちらか片方の目だけに起こることが多いので、片方の目の視野が狭くなっても、もう片方がそれを補うためなかなか気づくことができないのです。

 

緑内障の視野と見え方については多少個人差もありますが、正面を中心とした時、その周辺から徐々に視野が狭くなっていきます。

 

両目では気づかないことも多いのですが、緑内障のテストや検査では片方の目で行うので、こうすることで気付かなかった死角に気づくことができると言われています。

 

インターネットでは緑内障のセルフチェックが簡単にできる専用の動画などもあるので、一度トライしてみるのもいいかもしれませんね。

 

両目だと気づかないところも、片目ずつチェックすると自分でもはっきりとわかると言われています。

 

この場合はあくまでもセルフチェックなので、より確実に検査をしたい場合は眼科に行くことをオススメします。

 

緑内障の検査はそれほど時間もかかりませんし、すぐに治療を開始できます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の視野と見え方

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。