緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の手術と合併症

 

緑内障の治療方法の一つに手術という選択肢もあります。

 

手術をすれば完治するというものではなく、眼圧を高くしている原因を排除するか、血流を改善することを目的としています。

 

対処療法ではありますが、緑内障は進行形の病気なので適切な対処をせず放置するとやがて失明してしまいます。

 

そのため手術もある意味重要な治療になります。

 

しかし手術をした場合、合併症が起こる可能性もあります。

 

数自体はそれほど多くないと言われていますが、手術の種類によっては手術中に多くの出血が起こることがあり、これが合併症の原因になることもあります。

 

主な合併症としては、房水漏出や前房出血、感染症、網膜剥離などが起こる可能性があります。

 

ただし体質や目の状態など個人差もあるので、術後に問題なくしっかりと効果を実感出来る人もいます。

 

こればかりはやってみないとわからないというケースが多いのです。

 

手術は緑内障治療には効果が期待できる方法ですが、メリットだけではなくデメリットもあるということを理解しておくといいでしょう。

 

また手術をすれば眼圧も安定して術後の経過も良好なこともありますが、多くの場合は再発するので1回の手術では済まないこともあります。

 

個人差はありますが、現段階の医学では緑内障を完全に治療し、失われた視野を元に戻すことはできません。

 

しかし発見が早ければそれだけ治療も早く開始できるので、失う視野も少なく済みます。

 

手術も重要な選択肢ですが、多少のリスクも伴うので医師とよく相談して決めていくのが一般的です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の手術と合併症

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。