緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

 

緑内障の手術にもいくつか種類があり、症状や原因によって選択肢も変わってきます。

 

緑内障の手術方法の一つに、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)という方法があります。

 

名前からも想像出来ると思いますが、レーザーを使用する手術です。

 

緑内障の原因にもいくつかありますが、眼圧が高くなることで視神経にダメージを与え視野を狭くしてしまうというのも原因の一つです。

 

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)では、線維柱帯という房水の出口に近い網目のような部分に原因がある場合に選ばれる方法です。

 

以前も線維柱帯部分にレーザーを照射する方法がありましたが、正常な組織まで破壊してしまうというデメリットがありました。

 

しかし選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)では、問題のあるところだけピンポイントでレーザーを照射できるので、正常な組織を破壊することなく的確に治療が可能になっています。

 

ただし緑内障の手術は1回で全て完治するわけではなく、再発することも多いと言われています。

 

原因が同じであっても、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の場合はピンポイントでレーザー治療ができるので、他の部分へのダメージも少なく、合併症の心配もほとんどないことから安全性も高く注目されている方法です。

 

ただし原因や症状によっては、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)が不向きとなることもありますので、医師とよく相談することが大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。