緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



レーザー繊維柱帯形成術

 

レーザー繊維柱帯形成術は、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)という新しい手術方法が確立される前に一般的に行われていた手術方法です。

 

房水の流れを妨げる原因になっている部分に、レーザーを照射することで原因を排除し防水の流れを正常に導き、眼圧を下げるという手術方法です。

 

レーザー治療はメスを使わずにできるので、体や目への負担も軽減できます。

 

しかし大きなデメリットとして、レーザーを照射する時に範囲が広いので、正常な組織にもダメージを与えることがあります。

 

眼圧が高いままだと緑内障の症状も進行していきますが、レーザー繊維柱帯形成術で防水の流れを妨げ改善することで眼圧を下げることができます。

 

ですが、正常な組織までも破壊してしまうのは、最善な方法とは言えません。

 

現在ではより的確にピンポイントで照射できる選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の方が主流になりつつあります。

 

レーザー繊維柱帯形成術をしても、多くの場合は5年以内に再び手術が必要になることがあります。

 

これはレーザー繊維柱帯形成術でも、最新の選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)にも言えることですが、手術をすれば緑内障が完治するというものではなく、再手術が必要になることも多いので覚えておくといいでしょう。

 

個人差もありますが、年に1回の緑内障検査を受けていれば早期発見と早期治療につながりますので、40歳を過ぎたら毎年の健康診断に緑内障の検査もプラスしておくといいでしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

レーザー繊維柱帯形成術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。