緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障トリプル手術

 

緑内障は40歳以降からリスクが高まる目の病気ですが、年齢が高くなるほどリスクも高くなると言われています。

 

また緑内障以外にも白内障を併発することも多いため、それぞれに適した対処法が求められます。

 

緑内障と白内障を同時に併発している場合に用いられるのが、緑内障トリプル手術という方法です。

 

ただし緑内障と白内障を併発している場合は、状態によっては同時に手術することも可能ですが、白内障がかなり進行しているような場合は、先に緑内障の手術を行い、その後に白内障の手術をすることもあります。

 

これもその人の症状によって変わります。

 

緑内障トリプル手術は眼圧を下げることを目的としていますが、緑内障治療を優先すると白内障治療のリスクが高まるような場合は見送ることもあります。

 

緑内障と白内障の同時手術が可能で、どちらにも大きな負担が掛からないことを前提としているので、どの手術方法を選ぶかは、医師とよく相談して決めていきます。

 

緑内障トリプル手術は緑内障以外では、網膜剥離と白内障を併発している場合にも用いられる手術方法です。

 

緑内障トリプル手術では、白内障の原因となっている白い膜を取り除き、さらに緑内障の原因となっている眼圧を下げることができるので、画期的な方法としても注目されています。

 

条件が整っていれば、緑内障と白内障の手術が同時にできるのでとても便利ですね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障トリプル手術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。