緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



隅角繊維柱帯切除術

 

緑内障の手術方法の一つに、隅角繊維柱帯切除術という方法があります。

 

一般的には緑内障とわかった時点で即治療を開始して、進行を食い止めることを考えます。

 

最初に点眼薬や内服薬を試しますが、これでも改善しない場合はレーザー治療をします。

 

さらに眼圧が下がらないような場合には、隅角繊維柱帯切除術などの手術を選択します。

 

個人差も大きいのですが、中には点眼薬では思うように効果を実感できなかった人も、レーザー治療で効果が見られることもあります。

 

しかし効果が出ても一時的なことが多く、殆どの場合は再手術や他の手術方法を選ぶことになります。

 

隅角繊維柱帯切除術という方法は、房水の流れを良くするためにバイパスのようなものを作る方法です。

 

こうすることで房水の流れが滞りやすい人も、流れがスムーズになり眼圧も下がります。

 

しかしバイパスを作るためには、他の部分に道を作るため切開の必要があります。

 

切開したところが癒着してしまうことも多く、塞がってしまうと再手術の必要もあります。

 

個人差もありますが、現段階では一番効果的と言われている隅角繊維柱帯切除術も、このようなデメリットはあります。

 

しかし眼圧を高いままにしておくと、症状が進行していき最悪失明という可能性も高いので、手術というのも大切な治療法になります。

 

メリットもありますが、デメリットも存在してしまいます。

 

どの方法が合っているかも個人差がありますので、医師とよく相談して決めていくことも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

隅角繊維柱帯切除術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。