緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



線維柱帯切除術(トラベクロトミー)

 

緑内障の治療方法としては、一般的に点眼薬や内服薬といった薬物療法を最初に試し、効果などを見ながらレーザー治療、手術というように進んでいきます。

 

ただし急性緑内障の場合は、早急に眼圧を下げないと数日で失明してしまうこともあるので、即手術に踏み切ることもあります。

 

緑内障の手術方法にもいくつかの方法がありますが、線維柱帯切除術(トラベクロトミー)もその一つです。

 

眼圧が高くなる原因の多くは、房水の流れが滞ることです。

 

本来はスムーズに流れるはずの房水が何らかの原因で詰まった状態になると、行き場をなくし眼圧を高くしてしまうのです。

 

防水の流れをスムーズにする方法にもいくつか種類がありますが、線維柱帯切除術(トラベクロトミー)は、結膜の下に房水の通路を作る方法です。

 

房水の流れが滞りやすい人には、他の部分に通路を作ることが一番効果的ですが、時間の経過ともに通路が塞がるというデメリットもあります。

 

線維柱帯切除術(トラベクロトミー)では、この塞がりを防ぐために傷の治りを遅くする薬を使用することもあります。

 

切開した部分が回復する途中に他の部分と癒着してしまうと、せっかく作った通路が塞がってしまいます。

 

これを防ぐためにわざと傷の治りを遅くする薬を使うのも、房水の流れをスムーズにし眼圧を上げないための工夫なのです。

 

ただし眼圧は下がりすぎても別の問題が出てしまうので、正常な眼圧を維持することも重要です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

線維柱帯切除術(トラベクロトミー)

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。