緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



周辺虹彩切除術

 

緑内障の原因にも個人差がありますが、房水の流れが何らかの原因で阻害されることで眼圧が高くなってしまう場合は、房水の流れをスムーズにすることで眼圧を下げることができます。

 

点眼薬やレーザー治療でも効果が見られない場合には、手術に踏み切ることもあります。

 

緑内障の手術方法にもいくつかありますが、どの方法を選ぶかは人によって違います。

 

周辺虹彩切除術というのも緑内障の手術の一つです。

 

房水は虹彩という部分の近くを流れていますが、何らかの原因で房水の流れが滞ると眼圧を高め緑内障を発症すると言われています。

 

眼圧が高いままでは視神経にダメージを与え続けるので、症状も進行し視野も失われていきます。

 

緑内障は進行していく病気なので、眼圧が原因の場合は眼圧を下げることが重要です。

 

周辺虹彩切除術では虹彩の部分に穴を開け、房水の通り道を作る方法です。

 

急性緑内障の場合には、周辺虹彩切除術を選択することも多いと言われています。

 

また緑内障にかかる前に、周辺虹彩切除術を受けることで予防にもつながると言われています。

 

周辺虹彩切除術にも2種類の方法があり、レーザーで行う方法と手術とがあります。

 

どちらを選ぶかも手術で体にかかる負担や、術後の入院の必要があるかないかなどでも変わってきます。

 

緑内障の手術には合併症のリスクも伴います。

 

周辺虹彩切除術も例外ではなく、合併症を起こす可能性も高いので、手術を受ける前には医師とよく相談することも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

周辺虹彩切除術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。