緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



インプラント手術

 

緑内障の治療は点眼薬などの薬物治療、レーザー治療がありますが、あまり効果が見られない場合は手術を選択します。

 

緑内障の手術にもいくつかの方法があり、症状や原因によって選択肢も変わります。

 

多くの場合は房水の流れが滞ることで眼圧を高くしてしまい、それが視神経にダメージを与え緑内障になってしまいます。

 

そのため、房水の流れをスムーズにできれば、眼圧も下がり正常な状態に戻るので視神経へのダメージも改善されます。

 

房水の流れをスムーズにする方法として、他の部分にバイパスやトンネルを作り、そこから流すという方法が多く用いられます。

 

しかし切開をして道を作る場合は、傷が癒えていく途中に癒着してしまい、せっかく作った道をふさいでしまうケースも多くなっています。

 

そこで登場したのがインプラント手術です。

 

この方法ではインプラントを使用し、房水の出口を確保するので詰まりを解消できます。

 

またインプラントを使用することで、癒着のリスクも軽減されるので効果も持続し、再手術の可能性も低くなります。

 

細いチューブを使用するので、房水の流れもスムーズで安定するため、現在では最も効果のある方法として注目されています。

 

緑内障の手術では合併症も多いと言われていますが、インプラント手術は合併症も少なく世界的にも注目されています。

 

ただしインプラント手術に適さない人もいるため、全ての人がインプラント手術を受けられるとは限りません。

 

医師とよく相談して決めていきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

インプラント手術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。