緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



バイパス手術

 

緑内障の手術にはいくつかの方法があります。

 

手術を選択するのは急性緑内障の場合か、薬物療法やレーザー治療では効果が見られない場合です。

 

原因や症状にも個人差がありますし、その時の状況によってどの手術を選ぶかも変わってきます。

 

房水の流れが滞り眼圧を高くしている場合は、房水の流れをスムーズにすることで眼圧も下がり症状が進行するのを食い止めることができます。

 

バイパス手術もその中の一つの方法です。

 

手術方法によってどこにバイパスを作るかは変わってきますが、現段階ではバイパス手術は有効な手術であるため、最終的に多くの人がバイパス手術を受けます。

 

術後に入院が必要なことや、しばらくの間は感染症などを避けるためにコンタクトレンズを使用できないなどがありますが効果を実感しやすい手術です。

 

ただし現段階では最も有効的だとされるバイパス手術も、数年後に切開した部分が癒着してしまい、せっかく作ったバイパスが塞がってしまうこともあります。

 

この場合は再手術が必要になりますので、多少デメリットは存在します。

 

しかしある程度効果は持続しますし、癒着を防ぐために傷の治りを遅くする薬を使うなど対策は可能です。

 

緑内障の手術はデメリットになってしまう部分も多いのですが、感染症などに注意しておけば房水の流れもスムーズになり眼圧も下がっていきます。

 

ただし人によっては術後に目の中に出血が見られたりしますが、これも少しずつ回復していきます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

バイパス手術

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。