緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



キサラタン

 

キサラタンは緑内障治療に使用される点眼薬の一種です。

 

キサラタンはファイザー製薬の点眼薬です。

 

点眼薬の中には色がついているものもありますが、キサラタンは無色透明です。

 

緑内障や高眼圧症などの治療に多く使用されています。

 

イソプロピルウノプロストンやエイゾプトなどと同じ分類のラタノプロスト製剤に属します。

 

緑内障の治療で一番最初に試すのが点眼薬ですが、点眼薬も薬なので副作用が出ることもあります。

 

体質等個人差もあるので、副作用の出方も変わってきますが、使用するにあたり副作用のリスクがあることは覚えておくといいでしょう。

 

キサラタンの確認されている副作用は次の通りです。

 

目の痛みやかすみ、かゆみ、異物感、目やに、涙目、頭痛、動悸、味覚異常、手足のしびれ、吐き気、角膜炎、乾燥、視力低下、便秘、高カリウム血症、鼻炎、下痢、咳、呼吸困難、不眠など他にもたくさんあります。

 

またラタノプロスト製剤の場合は、気管支炎や喘息がある場合は使用できませんので、持病がある場合は必ず医師にそのことを伝えておきましょう。

 

全ての人に副作用が出るというものでもありませんし、副作用も複合することもあります。

 

薬には副作用は付きものなので仕方ない部分はありますが、もしも使用後に異常を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談することも大切です。

 

また目薬によって1回あたりの量や、1日の回数も違っています。

 

どの点眼薬も決められた容量があるので、使用する場合は医師の指示を守りその通りに使いましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

キサラタン

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。