緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



チモプトール

 

緑内障の治療に使用する点眼薬にも種類があります。

 

チモプトールもその一つで、主に眼圧を下げる目的で使用されます。

 

緑内障の原因もいくつかありますが、房水の流れが滞ったり、充満してしまうのも原因になります。

 

チモプトールには房水の生成を抑える作用があるので、眼圧を下げる効果が期待できます。

 

チモプトールは緑内障治療に使用される点眼薬の中では、比較的オールラウンドに使用できるものです。

 

緑内障の原因によっては使用に不向きとなってしまう点眼薬もありますが、幅広く対応できるのも特徴です。

 

一般的には0.25%の物を使用しますが、経過を見て効果がない時には0.5%に切り替える事もあります。

 

どちらも1回1滴/1日2回が目安です。

 

点眼薬は吸収性にも優れていますが、その分副作用のリスクもあります。

 

チモプトールの場合は、心臓や気管支の病気を持っている人には強い副作用が出る可能性が高いので使用しないほうがいいと言われています。

 

もしも緑内障の治療でチモプトールを使う場合は、心臓や気管支に問題がある人は必ず医師に伝えておきましょう。

 

そうすることで副作用のリスクを回避できます。

 

チモプトールは点眼薬以外に内服薬として処方される場合もあります。

 

内服薬の場合も副作用があるので、注意しておきたいですね。

 

副作用として報告されているのは、充血、目のかゆみ、違和感などがあります。

 

使用後に異常を感じたらすぐ担当の医師に相談しましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

チモプトール

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。