緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



プロスタグランジン

 

点眼薬は緑内障治療に多く使用されています。

 

点眼薬にもたくさんの種類があって、どれを使うかは原因や状態によって変わってきます。

 

プロスタグランジンという点眼薬は、眼圧を下げる効果があるので緑内障治療にもよく使用されています。

 

他にも眼圧を下げる作用のある点眼薬はいくつかありますが、プロスタグランジンはその中で最も眼圧を下げる点眼薬としてその効果が注目されています。

 

さらに点眼薬の多くは1回1滴ですが、1日に2回〜3回使用するよう指示されます。

 

緑内障の症状を食い止めるのはとても重要なことですが、忙しくしているとついうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

 

ですが、プロスタグランジンは1日1回でいいので、忘れにくく続けやすいのも特徴です。

 

さらに点眼薬も薬の一種なので、副作用のリスクはあります。

 

プロスタグランジンにも確認されている副作用がいくつかあります。

 

特に心臓や肺といった呼吸器官、腎臓に持病を抱えている人には使えませんので注意しましょう。

 

持病がある人は医師にそのことをきちんと伝えましょう。

 

プロスタグランジンは、他の点眼薬に比べて全身の副作用は少ないと言われています。

 

確認されている副作用としては、目の充血、充血、まぶたの黒ずみ、まつ毛が太くなるといったものです。

 

まつ毛への副作用は女性にとっては嬉しいものなので、まつげ育毛剤にとして販売しているところもあります。

 

まぶたの黒ずみはメラニン色素を増やしてしまうので、使用を中止すれば徐々に改善されます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

プロスタグランジン

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。