緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



ミケランLA

 

緑内障の原因の多くは眼圧が高くなってしまうことで、視神経にダメージを与え視野を狭くしてしまうというものです。

 

日本人の緑内障はその多くが正常眼圧であると言われています。

 

眼圧は正常なのでこの場合は血流などに問題があるため、血流を改善する方法を試します。

 

しかし多くの場合は眼圧を下げることで、症状の進行を抑えることができます。

 

ミケランLAという点眼薬は、房水の生成を抑えることで眼圧を下げる作用があります。

 

緑内障治療に使う点眼薬の中には、瞳孔に作用してしまうので、使用直後に異常に光を眩しく感じたり、逆に暗く見えてしまうこともあります。

 

しかしミケランLAは瞳孔には作用しないので、眩しすぎたり暗すぎることもありません。

 

ただし全身性の副作用のリスクもあるので、使用する場合は医師の指示に従いましょう。

 

ミケランLAは喘息や心臓に負担をかけるため、喘息持ちの人や心臓に持病のある人は使用できません。

 

これらの持病がある人は、必ず事前に医師に報告しましょう。

 

ミケランLAには1%(1回1滴/1日2回)と2%(1回1滴/1日1回)の濃度の違いがあります。

 

様子や経過を見ながら濃度を決めて行きます。

 

ミケランLAの副作用としては、かすみ目、目のかゆみ、充血、異物感、乾燥などがあります。

 

乾燥してかゆみを感じた時、強くこすってしまうと角膜を傷つけてしまうので注意しましょう。

 

点眼後5分程度安静にしていることで、副作用を避けることができますので使い方なども工夫してみましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

ミケランLA

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。